読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そうだメンザに行こう(後編)

おかしい、どう考えてもここに大学はありそうにない。暑くなって、コートを脱ぎつつ考える。でもこの山を通り抜ければ、きっと大学は見えてくる、テュービンゲン大学ノイシュバンシュタイン城のように山の上にあって絶景なんだ、と思い込むことにした。私って方向音痴で大惨事起こしてるんだよなぁという邪念を払うために、急斜面を駆け上った。走れ。


山を抜けて、駐車場ぽいものが見えて来た。
あ、着いた!!嬉しくなる。自然と頬がゆるんだ。さて、メンザを探さなければ。今は12時すぎのお昼時。(自分でキャンパスマップを頼りに行くよりも)、学生についてった方が確実だろうと、あるグループについて行く。そしたら無事にメンザに着いた。

ごはんだ!!!掲示物を読む。

 

f:id:r_deu20:20170318035041j:image


ドイツ語でセットのことをMenüという。
まぁ知らない単語もあるけどメニュー頼んどけばなんとかなるよな、と思い。食堂のおばさんに。これくださいと指差しながら頼む。

私が頼んだのはUKI-Menü というもの。
(画像後日記載予定)

私は学生じゃなくてGäste の価格だったので6€くらいだったかな。めちゃめちゃでかい。

 

 

席に着く。周りを見渡すとどうやら白衣をきた学生が多い。ほうほう、ここは医学部に近いのかなと思いつつご飯をいただく。

量がかなり多く、一部は持ち帰った。

 

ご飯を食べた後、時間はなかったけどせっかく長い時間かけてきたのだから見学もしたい。

講義室も覗きたい。一体学生はどんなところで勉強しているのか見てみたかった。

 

メンザを出て講義室探しへ。

歩いても

 

歩いても

 

 

 

それらしきものはどこにも見えない。

 

 

代わりに見えるのはKlinikの文字。

やっと気づいた。

ここは医学部キャンパスではなく大学病院なのだ。

 

 

 

通りで白衣イケメンが多いわけだ、、、。

Googleマッ○は半分正しくて半分間違えていた。

 

f:id:r_deu20:20170318035734j:image

 

f:id:r_deu20:20170318035755j:image

 

 小さなスマホの画面で見たこの大学の外観はどこにもなかった。なぜならここは病院だったから。納得。

 

 

 

まぁ日頃の運動不足解消になったし、いろんな景色を見れたからよしとしよう。テュービンゲン大学のキャンパスについては後日書くことにします。

 

 

 

 

追記:帰りはバスがなかったので歩いて帰った。もちろん、道に迷った。でも私にとって常識になってきたのでマイペースに歩く。最終的に語学学校には10分遅れて着いた。